​推進リーダー制度とは

日本理学療法士協会では、『地域包括ケアシステム』を推進するにあたって、「地域ケア会議」、「介護予防」の2つの施策に重点を置き、人材育成制度として、「地域ケア会議推進リーダー」、「介護予防推進リーダー」の2つの認証コースが設定されています。この2つの認証コースを修了した会員には、「生涯学習課の定める資格」として、それぞれ40ポイントが付与されます。
また、高齢者の保健事業と介護予防の一体的実施に対応できる人材を育成するため、地域ケア会議・介護予防推進リーダーのステップアップとして、2020年10月より新たに「フレイル対策推進マネジャー」を取得できるコースを設定されました。

​推進リーダー 大分県での活動内容

・地域ケア会議助言者

・地域の通いの場への派遣(運動指導・講話など)

・サービス計画者担当者研修講師、助言者

・介護職員現任者研修講師​

・推進リーダー導入研修講師(地域ケア会議推進リーダー育成研修・介護予防推進リーダー育成研修)